050 持たない暮らし


こんにちは 

kamada*apartment です 


最近、気になるフレーズに出逢いました  

それは、『持たない暮らし』です 


『持たない暮らし』とは  

必要最低限のモノで幸せに暮らすこと、とのことです 



断捨離はご存知でしょうか 

流行りましたよね 


私も当時、断捨離をしました 

というか、モノをガンガン捨てた時代があります 


古い給料明細 保険関係の領収書   

使わないポイントカード 読まない雑誌 

着ない服 履かない靴 用途不明のモノ などなど 


大きなゴミ袋いっぱいに 

どんどんいらないモノが詰め込まれていきました 


その時思ったのです 

こんなにも いらないモノを持っていたのか、と 


布団一式とミシンだけを持って出てきた東京で 

いつの間にか こんなにも モノに溢れて暮らしていたとは 



片付かれてスッキリした部屋の中は 

空気がシャキっとしていて 気持ちもスッキリ爽快です 


それからは衣替えの際にはその季節一度も袖を通さなかった服を捨て 

年に1度くらいはクローゼットの荷物を整理整頓して 

どこに何があるのかを把握しています 

 


ただ思うのです 

モノを捨てる、それより先にすべきことがあるのでは、と 

そもそも買う際に、本当に必要なモノを揃えていないからこうなるのだ、と


自分にとって必要なモノを厳選して所有することは 

自分自身のことを分かっていないと出来ないことです 

何が好きで 何が嫌いか 

どんなモノに囲まれていると幸せか 


また、買ってみないと分からないこともあります 

若い頃に色々流行りのモノを買ったけれど 

大人になった今でも愛用しているモノが 

自分にとって本当に必要なモノ 


そしてそれは自分自身のライフスタイルの変化と共に 

変わっていくのだと思います 


今、我が家にあるモノたちは 

私にとって必要なモノだらけ(・・・のハズ) 


なので最近は日用品以外、自分への買い物がめっきり減りました 

欲しいと思わないのです 

そのかわりに、友人たちへの贈りモノを購入する機会が増えました 

贈る人のことを考えると、自分のココロも満ちていきます 



少しずつ 

自分に合った暮らしが出来ているのかな 




『持たない暮らし』

あなたもいかがですか? 









0コメント

  • 1000 / 1000